topimage

2017-11

学校恐怖 - 2008.09.17 Wed

うつについて書いていく以上、「学校」のことは触れないわけにはいかない問題である。

生まれ育った家庭同様、学校という場もまた、うつになった人々の大部分にとって、大変な思いをしながらすごしてきた場だからだ。

で、次回こそは学校について書こう書こうと思い続けてきたのだが、書こうとするとやはり半端じゃなく気が重い。
あまりの気の重さに、私はここまで深く学校コンプレックスに絡め取られていたのかと、自分でもびっくりしているくらいなのである。


私がまだ大学院生だったころに出会ったケースだが、プレイセラピー中、ホワイトボード一面に「夜の学校」の絵を描いた学校恐怖の子どもがいた。

描かれた学校の入り口は鋭い牙を持ち、その上には蛇のように吊り上った爬虫類の目があった。

自分の好きなことに好きなやり方で取り組むときには、惚れぼれするような集中力を発揮する反面、自分にとって無意味なことには、どうすればいいのかすら分からなかったその子にとって、学校という場所は、まさに人を食い殺す怪物に見えていたのである。

その映像は私にとってあまりに鮮烈で、今日にいたるまで、脳裏に焼きついて離れることはなかった。


また、以前どこかで読んだ雑誌に書いてあったことなので、細かい記憶は定かではないが、ある不登校になった人が見た夢の話だ。

「私は教室にいて、授業を受けている。なんだか、先生の顔色が悪い。
先生のこめかみに、ビスのようなものが埋まっていたのでよく見ると、先生はロボットだった。
驚いて、隣の席の子に教えようとすると、彼女もロボットだった。
他のクラスメイトや私自身も、ロボットかもしれないと思い、私はパニックを起こす。」

これも、背筋の凍るようなイメージである。

学校でこれに近い感覚に陥った体験は、私にもある。いや、無数にあったと言っていいかもしれない。
普通の学校に通った日本人なら、ほぼ誰もが経験したことのある状況ばかりだと思うが……。

たとえば、真夏の朝礼のときのことである。
校長は、夏の暑さをものともしないところを見せて、模範を示そうと思ったのかもしれないが、いつにも増して長く訓示を垂れていた。
やがて、貧血を起こした生徒があちらこちらでバタバタと倒れていったが、校長は話をやめなかったのである。

未だにもって、正気の沙汰とは思えない。
校長にはこの状態が目に映っていないのだろうかと、まさにわが眼を疑った。
当然ながら、誰も止める者もいなかった。

あげく、「話を聞いている君らもしんどいかもしれんが、話しているほうはもっとしんどい」と言う。
嘘である。
私も、少しは教室で話すという経験をへた今、はっきりとそう言える。

話すほうは悦に入るので疲れを感じないが、興味のない話を、しかも炎天下で聞く立場のほうが、はるかにしんどいことを知っているのである。

第一、自分のほうがしんどいと手柄にするくらいなら、初めからやめておけば誰もが快適だ。

あとで、校長のことを「あのじじい……!」とけなす者はいたが、私にとっては、もっと大きなものが違って見えた。
校長が朝礼で長い話をすることが間違っているというよりも、朝礼そのものの意味が分からなかったのである。

はっきり言って、校長の訓示が自分の将来に役立つことはない自信は、100パーセントあった。
言うまでもなく実証済みである。というより、校長の話を覚えてすらいない。

私は、「朝礼は意味がない」ということをクラスメイトに言ったが、ごくごく少数を除いて、ほとんどが「はあ……」とスルーするか、ウケてしまうかのどちらかだった。
もちろん、ウケるつもりではなかったが、面白いことを言ったことにされてしまったのだ。

大人にも話してみたが、笑いながら「校長っていうやつは、昔から本当にそういうもんだ」と、何だか懐かしんでいるかのような空気を出されたりする。

どちらも、体のいい抑圧だ。
そんなことに気づくな、気づかせるな、話題にもするなという暗黙の圧力に思われた。
私には、自分の周囲が人形で埋め尽くされているように感じられたのだった。

……
なかなか学校のことが書けなかった理由が、今分かったような気がする。
書き出したらどこまでも終わらないのが、理由だったようだ。
これからもたびたび書くことになるはずなので、今回はこのくらいにしておこうと思う。

と、私がここで書いたようなことを、もっとはるかに軽やかで鋭く、ブログで書かれている方がいる。
「ずっと、じゃれ言」
こちらも是非ごらんいただきたい。


少しでも多くの方に読んでいただけたらと、ブログランキングに参加しています。
↓押していただけるとありがたいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ


学校のいじめ - 2008.09.17 Wed

学校でのいじめについて、時々思い出したように、世間で話題になる時期が巡ってくる。
そして、なぜ学校ではいじめが起きやすいのかについて、さまざまな立場の人間が、ああだこうだと語るのだが、私には、学校のいじめはどう考えても起きて当たり前のことにしか思えない。

上位の立場からの支配と抑圧が日常的に強い場では、人は何とかしてその抑圧から逃れようとする。
ごく一部の者は反発しようとするが、たいていの者はそんな危険は冒さない。
ある者は、心を外界に閉ざし、死んだようにやり過ごす。
言うまでもなく、うつになるタイプの人々は、多くがこのやり方をする。

私の学校時代の場合、どちらかといえば人を笑わす立場でやり過ごしたが、あれとても体のいい目くらまし、やはり一種の関係の遮断だった。
当時は対人恐怖だったわけだから、何ともスリリングなやり方だったと思う。

しかし、また別の者は、逆に自分が何らかの形で他者を抑圧する立場に立ち、普段おとしめられている自らのプライドに、すり替えようとするのである。
それがすなわちいじめであると、私は考えている。

よく考えれば思い当たる方も多いと思うが、いじめをする者は常に、どこか多数派に媚び、多数派であることをバックにしているところが大きい。
自分は多数派という勝ち組に属しているということを確認したいがために、少数派=弱者を、ことさらに、強迫的に侮蔑し抑圧するようなところがあるのだ。

いじめに関しては、どのやり方がましと言うことはできないが、陰湿で卑怯と思えるのは、「無視」といういじめである。
「無視」というやり方は、言わばただ無視するだけなのだから、やる側が罪悪感を感じなくて済むという面があるように思う。
相手に深い絶望を与えながら、自分にとってはいじめたことにならない、卑劣極まりない「いじめ」である。

学校でのいじめの多さは、学校という場での上位者、すなわち教師や管理職の教員(校長・教頭)、さらにはその上の、各教育委員会からの抑圧がいかに強いかを示していることを知らねばならない。

たった1年でいたたまれなくなってやめてしまった(実際には強い腰痛がおき、後輩に替わってもらった)のだが、中高一貫校のスクールカウンセラーを経験したことがある。

その際、学年が変わるときのクラス分けが、どのような基準で行なわれるかを知った時は、あまりのことに愕然としてしまった。

どこまでが公然で、どこからが暗黙の了解なのかは分からないが、仲のいい友人同士は、とりあえず引き離す方向でクラス編成を行なうことが多いのである。
この方法は、別段その学校独特のやり方というわけではなかったようだ。

おそらく、連るんでいると問題の多い生徒は引き離したいが、彼らばかりを引き離したのでは不満が出るといけないから、一緒にいても無害な生徒同士まで引き離すのが通例になってしまったのではないかと思う。

私自身、せっかくやっと親しくなった友人と、なぜいつも別のクラスになってしまったのか、そのからくりを知らされてしまったわけだ。
その時の辛さを思い出して、はらわたが煮えくり返った。

また、論理性があって真面目で忍耐力が強そうな生徒などは、わざわざややこしいと思われるクラスに、まとめ役として放り込まれる。
当然ながら、矛盾が嫌いで生真面目なうつタイプの人が、この役回りをさせられることは多い。
またしても全体のしわ寄せを引き受け、ひたすら耐えることを強制される立場に、うつタイプの人は立たされるわけだ。

うつタイプの人は、もともと人より忍耐力が強いとは限らない。
ただ、耐えるしかないから耐えているだけなのである。
しかし、この生徒が不登校になったとしても、ほとんどすべての教員は、自分たちの会議で決まったクラス分けに原因があると、まず認識することはない。

うつタイプの人に対するこういった仕打ちにしろ、仲のいい者同士を引き離すにしろ、あえてしんどいことを呑み込ませ、「これは決められたことなんだから」と、文句を言わせない。
人の心を支配する上での、お決まりのやり方そのものである。

ただ、一方で、教師たちも上からの支配を受けている。
実態が明らかにされていないので、部外者である私に詳しくは分からないが、各都道府県の教育委員会は、各公立学校の管理職、つまり校長と教頭に、毎年点数をつけるとのことだ。

たとえば、学級崩壊がどの程度起きているかなどが、点数をつける基準となる。
そして、管理職である校長と教頭が、それ以外の一般の教員を採点する。

ただ、多くの不登校や問題行動の生徒や親と会ってきて分かったことだが、感情が鈍く高圧的で支配的、生徒から見て恐ろしいと感じる教員のクラスでは、決して学級崩壊は起きない。

学級崩壊の起きる教員すべてがそうだとは言えないが、たとえば、学校の決まりではこうだが、生徒の気持ちを考えるとどうしたものか……などと、板ばさみになってしまうタイプの人間的な教員のクラスで、学級崩壊が起きることは少なくなかったように思う。

人の弱みにつけ込むことにためらいのないタイプの生徒が、教師のおどおどした態度を瞬時に嗅ぎわけ、教師いじめをやるのである。
上部の構造上、こういった担任につけられる点数は、当然ながら最悪であろうと思う。



私は、この仕事をしていて、幼稚園の保育士や園長よりも、はるかにものごとの理解が的確で、矛盾を見抜く知性の鋭かった3才児を知っている。

問題行動があったとされるその子は、親と私が面談する横で遊んでいたが、会話を聞いて、私がその子をきちんと理解したことを察知したのか、初対面の私に、その場で作った折り紙の花束をくれた。
カウンセラーである私が、涙をこらえるために、しばし絶句せねばならなかったことを覚えている。

ただ自分が教師という立場、あるいは校長や教頭というだけで、人間的にも生徒を指導できる立場にあると思うのは、単なる手前勝手な思い込みに過ぎないのだ。

この、あまりにも当然のことが、理解される時代は本当にくるのだろうかと、正直暗い気持ちにさせられてしまう。



少しでも多くの方に読んでいただけたらと、ブログランキングに参加しています。
↓押していただけるとありがたいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

「クラス分け」について - 2008.09.18 Thu

昨日の記事に対して、保育園で仕事をしてらっしゃる方から、あるコメントをいただいた。

記事の内容に対して、決して否定的にならぬよう配慮してくださっていたが、私にとってはかなり鋭い指摘をいただいたように感じている。

その方の勤める保育園では、保育士が頭を悩ませて学年全体のバランスを考え、園児の性格や家庭状況まで考慮して、クラス替えを行なうそうだ。

おそらく、学校で仲のいい生徒を分けてしまうというあり方も、大部分の当事者側からすれば、「全体のバランス」を考えてのこと、という説明がなされるだろうと思う。

考えさせられる。
もしも教員にこう言われてしまえば、反論はかなり難しくなる。(そもそも、妄想的議論だと言われればそれまでだが……)
これはもう、もっと根本的な次元に話を掘り下げて、考えていかざるを得ないだろうと思う。

だがしかし、どう掘り下げればいいのだろうか……
さしあたっては、「理想的なクラス替え」について考えてみるのが妥当だろうか。


…………
いや、困った。
クラス編成のやり方がひどいと書いたものの、ではどのようなやり方が正しいのかと言えば、なかなか単純でいい方法が見つからない……。

とりあえず、自分の体験を書くことにしよう。

実は私は、クラス編成は完全にくじ引き的な方法で行われるものだと、なぜかずっと思い込んでいた。
そして、それだったら友達とクラスを分けられても仕方ないと諦めていただけに、それが教師たちの意図によるものだと知ったことが、何よりもショックだったのである。

私の長い学校生活の中で、かなり目をかけてくれた教師が何人かいたことは確かだが、それでも正直、正しく理解されているとは感じていなかった。
一言でいうならば、私はほぼずっと、あらゆる教師に「優等生」だと思われ続けていたのである。

とんでもないことだ。
私はただただ、細心の注意を払って、できるだけ学校生活を無難に過ごしたかった。
そのためには、親と教師たちの期待を、ある程度満足させるだけでよかった。
そして、ほんのちょっとだけ楽しければよかった。
その結果、「隠れ対人恐怖」の私が、あろうことか、明るい「優等生」に見えてしまったのだ。

そして、何をどう勘違いされたのか、中学のときに、極端におとなしい子らの他には不良だらけのクラスに、一人だけ毛色の違う私がポンと投げ入れられ、おまけに担任から、事あるごとにリーダー的な立場を押し付けられた経験がある。
さらには、親もそれを、半ば自慢にしていた。

私の精神に、かなりの荷重がかかった。

不良系の連中は、隙あらばクラス全体の決まりごとを自分らの有利に運び、気の弱い者に不利を押し付けようとする。
リーダー役の私は、そうならぬよう阻止しなければならないが、その時被害者の気の弱い者が、私を後押しするはずもない。
つまり、私一人だけが暴力的な者に立ち向かっているかのような形となるのである。
たとえあと一人だけでも、私のような立場の者がいれば、状況はまったく違っていたのだが……

いじめられたわけではないが、はっきり言って、毎日が地獄だった。
「それだけ、担任が信頼してくれてるんだ」という大人の言葉も、逆に私を孤独にさせるばかりだった。

かなりひどい急性胃炎になり、1ヶ月以上医者に通った。
他のクラスにいる親友たちが、休み時間に楽しそうにしゃべっているのが、まるで雲の上の世界に見えた。

「俺には運がなかったのだ」
これだけが、自分を納得させる考えだった。

それが、「全体のバランス」を考えて、教員たちが勝手な思い込みで決めたことだったとしたら、感情的にとうてい許せるものではない。
あれほどのしんどさが偶然によるものではなく、他人の意図だったというのだ。

コメントを下さった方の話に一理あることは、頭では理解できるのだが、正直、どうしても感情が受け入れきれない。
あれほど丁寧な言葉に対して、決して反論を書くのが目的ではないのだが……、どうかお許しいただきたい。
むしろ、好意的なコメントだったので、これをお読みの方はご確認いただけるとありがたい。

教師の考える「全体のバランス」とは、いったい何なのだと言いたくなる。
それは、本来、神だけがなすべきことなのではないか、とすら言いたい。
教師が生徒を充分に理解していると考えること自体、どれほどの傲慢であることか。

前回の記事で、教師に対して「はらわたが煮えくり返った」と書いたのは、私自身のことに関して言えば、こういうことなのである。

たまたま快適な学校やクラスばかり経験した人がいるからといって、問題がないということにはならない。
こういうことが起こりうる点に、大きな問題があるのだ。

そして実際に、クラス分けが原因で学校にこれなくなる生徒は多く、結果的に、まじめな人たちが脱落者のレッテルを張られていくのである。
教師たちによる「全体のバランス」を考えての決定の結果が、人の人生を、場合によっては大きく狂わせてしまうのだ。

今という時代であれば、私もほぼ間違いなく不登校になっていただろう。

企業で言うなら、突然の転勤の辞令がこれと同じだ。
長い時間をかけてはぐくんできた人間関係や生活基盤を、ある日突然奪われる妻や子の痛手がどれほどのものであるかなど、企業の上層部の頭の片隅にもない。
彼らもまた、バランスを考えてのことだから仕方ない、と言うに違いない。

まず企業ありき、そして学校ありきなのである。

不登校という結果に対して、何の良心の呵責も感じないばかりか、逆にそういった生徒たちを見下している教員は無数にいるのである。
自分らが何をやったのか、まったく理解していないのだ。

ただ、一言ことわっておくならば、ほんの少数ではあるが、生徒を誠心誠意理解しようとつとめていた教師とも、私は出会っている。
ただ怖いことに、その方々は一様にうつ状態か、もしくはそのように見えた。

それにしても、「教師」や「カウンセラー」という単なる社会的立場の優位性、あるいは年齢上の優位性が、なぜこうも簡単に、人間としての優位性とすりかえられてしまうのだろうか。
何の根拠もない上から目線だとは思わないのだろうか。


「クラス分け」の問題は、どうやらその問題だけを考えていても、正解にはたどり着かないようだ。


次回に続く




少しでも多くの方に読んでいただけたらと、ブログランキングに参加しています。
↓押していただけるとありがたいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

学校批判の重苦しさ - 2008.09.19 Fri

ここのところ学校について書いているが、はじめにも述べたとおり、これまでに私が個人として、またカウンセラーとして感じてきた学校の不条理について書こうとすると、どうにも気が重くて仕方がない。

また、私ばかりでなく、いただくコメントの内容や周囲の反応も、ただうつについて書いていた時よりも、失礼ながら明らかに歯切れがよくない気がする。


以前に、儒教的な「親孝行」の考え方について批判を書いた時には、ずいぶんと緊張した。

日本人の精神に対して、もっとも根底から影響を与えているであろう倫理観を批判するのだから、周囲から相当な非難を受けることも覚悟していたからである。
ところが、それについてはまったく批判的なコメントはこなかった。

しかし一方で、別の記事で「富国強兵を旗印に、よい兵卒を育てることが目的で始まった教育制度」と、ただ一言書いただけの、本文とはほとんど無関係な言葉に対して、歴史マニアらしき(?)場荒らしの輩から、私ばかりか私のクライアントまで愚弄する、口汚いコメントがあった。
(もちろん、直ちにホストごと閲覧も拒否した。)

話の本筋や歴史の大局を理解する気もなく、自らの名も立場もいっさい明かさず、公明正大であろうとする者、傷ついた者をさらに傷つける下劣な根性に、そのときは一瞬目がくらむほどの怒りをおぼえたが、今になって考えてみれば、これもやはり学校についてのことだったなと思う。

もちろん私を含めてのことだが、これらの反応は、まぎれもなくコンプレックスを刺激された人のさまざまな反応の形である。

これらの反応から察するに、日本人の学校コンプレックスには、実は家族コンプレックス以上に根深い面があるのではないかと思いはじめている。


とりあえず、学校について書いている時の私自身のコンプレックス反応について、やや分析的にとらえてみたい。

たとえば昨日の記事では、歪んだクラス分けが原因でこうむった、自分の中学時代のしんどい体験について述べた。
その時のことを思い出して書いている間じゅう、私は当然ながら怒り続けていたわけだが、同時に、どうもそうした感情だけではない何かが、足を引っ張るようにからみついてくるような感覚をも覚えたのである。

何か、申し訳なさというか、罪悪感のようなもの……。

この罪悪感は、どこからくるのだろうか……?

記事の中で、私は次のように書いた。
「私はただただ、細心の注意を払って、できるだけ学校生活を無難に過ごしたかった。
そのためには、親と教師たちの期待を、ある程度満足させるだけでよかった。
そして、ほんのちょっとだけ楽しければよかった。
その結果、「隠れ対人恐怖」の私が、あろうことか、明るい「優等生」に見えてしまったのだ。」

正直に告白すると、この時点ですでに、「あれ、本当にそうだったかな……?」という考えが、少し頭をかすめていた。

本当に自分は、優等生だと思われたくなかったのだろうか?
本当に、大して目立つこともなく、ただ無難にすごしたかったのだろうか?
担任から評価され、頼りにされることに、プライドをくすぐられたのではなかったのか?

正直言って、どの疑問に対しても否定する自信はない。
いやいや、それどころか、私は確かにもてはやされたかったし、先生に人よりも褒められたかったし、プライドをくすぐられていた。

さらに、いわゆるはっきりとした「いじめ」に対しては、結果的にしろ自分が加担したことにならないよう、「口をつぐむ」ということもできるだけ避け、周りを敵に回してでも何かを発言してきたつもりだったし、実際そのために、自分がいじめられそうになったことは何度もあった。
しかし、すべての場合において、本当にそれができたかどうか、やはり自信はない。

小学校4年だったか、ミニカーを万引きしたクラスメートのことで、担任主導の緊急学級会が開かれたとき、私はほとんど何の疑いもなく、「それはやっちゃいけないことだ」という大勢の側に立ち、一緒になって彼のことを非難し、軽蔑もしたのである。

今考えるとこの学級会には大反対だし、本当に気の毒なことをしたと思うのだが、その時点での私は、まぎれもなく学校側の不条理の共犯者だったわけである。

今では怖気すら覚えるほどの記憶、くる日もくる日も叱られながらやらされた、運動会の行進の練習の時でも、そんなことをさせる学校側に対して疑問は感じていたが、反面、ちゃんと練習をやらない連中の方にもいら立ちを覚えていた。

そしてそれを人よりも早く、うまくできると褒められ、その時私は、確かに喜びを感じていたのである。
もちろん、勉強に関してはそれ以上である。

あえて自己弁護するならば、厳しいしつけを受けていたり、生真面目な子ほど、大人の言うことは正しいはずだという前提に立ちやすい。
私もその一人だったから、教師や親の意にそわなければ、という意識は強かった。

だから、仕方なかったんだと思う反面、そのために、間違いなく誰かを傷つけてきたことを否めないのは、やはり心が鈍く痛むのである。

学校の不条理を批判すればするほど、同時に、そこに乗っかっていた共犯者としての自分をも責めることになる……。
学校に対して批判的な記事を書くことの重苦しさは、こういったあたりからくるのだろうか。

うーん……やはり重苦しい。
昨日などは、急性胃炎をおこした頃の記憶を探るうち、実際に胃痛を覚えたほどだった。

しかし、安西先生ではないが、あきらめたらそこで試合終了だ。
多くのうつや不登校の人たちと会うカウンセラーである以上、また、小学生の子を持つ親である以上、やはり突き抜けていかねば。





少しでも多くの方に読んでいただけたらと、ブログランキングに参加しています。
↓押していただけるとありがたいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

学校の矛盾 - 2008.09.20 Sat

さて、今回も学校についてのことだ。

本来は「うつ」について書くのが目的のブログなのだが、うつの人の増加と学校の矛盾は、切っても切り離せない問題なので、ある程度問題の核心に達するまでは、書き続けるつもりである。

前回の記事では、学校というものに対して批判的なことを書こうとすると、非常に気分が重苦しくなると述べた。
では、なぜそうまでしてそれを書かなければならないと私が思っているのか、それについて触れておきたい。

このことを考えるようになったきっかけは、まず第一に、言うまでもなくカウンセラーとしての経験、つまり不登校や問題行動の子どもたちと数多く出会った中で、何か共通の問題らしきものが見えてきたからである。

もちろん、私も初めの頃は、この子らにはいったいどのような問題があるのだろうかという視点で、クライアントと接していた。
そして、その子らだけを見ていても分からなければ、その家族や親戚の関係、はては地域性や先祖からの流れまでをも見ようとしたのである。

そのように見てみると、一応何がしかの問題はどこかに見つかることはあったが、どうにもすっきりしないものが残る。
さらには、時代が下るにつれて、どう考えても家族関係や本人の性格には何ら問題のない子までが、不登校になるケースが出始めたのである。

また同時に、彼(彼女)らの話を聞いていると、自分にも覚えのあるような学校でのエピソードや感じたことが多く語られたので、私自身が生徒であった頃にもっていた、学校に対する疑問や不信感がざわつき始めた。

私自身、七転八倒しつつも、何とかやり過ごしおえた学校時代だけに、カウンセラーという職業でなければ、その頃感じた理不尽さや怒りを、わざわざ思い出すことはなかったかもしれない。
楽しいこともあるにはあったが、思い出したくない記憶も数限りなくあっただけに、なおのことである。

毎年のように上がり続ける小中学校・高校・大学の不登校率を思い合わせても、もうこれは、子どもたちの問題だけを見ていても、らちがあかないに違いない。

子どもたちの不登校・問題行動に対する見え方が変わりはじめると、私の学校というものに対する不信感・怒りは、もはや各論的ではなく、学校の構造的(本質的)矛盾へと向かうようになった。

うつになってしまった教員たちとのカウンセリングも、この考えに拍車をかけた。
実際、生徒たちの感性や情操教育のことを真剣に考える教師が、うつになったり、教員という仕事自体を見限り、職場を去ってしまうケースは、今や後を絶たないのである。



そもそも、学校とはいったい何なのだろう?

本来、学校とは、「子どもたちが、将来、職業人となった時に必要とされる知識や技能、あるいは社会人としての良識・見識・感性を養うところ」と言うべきではないだろうか。

まずこの時点で、世間の方々に問いたい。
この学校の定義づけに、何か間違いがあるだろうか、と。

まず異論があるとすれば、学歴における成功者が、「ケツの青い考え」だと言うかもしれない。
彼らの感覚としては、学校とは成功のための切符、すなわち学歴を築くための弱肉強食の場という考えがあるからだ。
もちろん、彼らのみならず、世間一般においてもこの感覚は恐ろしく強い。

実際、たとえば臨床心理士という職業の者は、ほぼ例外なく大学院卒、つまり高学歴者ばかりであるせいか、私がこういった話をすると、反論すら思いつかず、目がセキセイインコのようになってしまう人が非常に多い。

まったく凹んでしまう。
彼らも私同様、日常的に不登校や問題行動の子どもたちと会っているのだが……

そのことはさておき、この学校の定義に異論のない人たちのために、話を先に進めよう。まずさし当たっては、この定義と実情とを見比べてみたい。

高校は義務教育ではないが、実情とすれば、社会で生きていくためには、卒業資格が最低限必要だと、世の中の大部分の人が考えている学校である。
その意味で、社会通念的には、ほとんど義務教育だと言ってもよい。

その高校で習う数学を例にあげよう。

高校の数学では、かなり早い段階で「二次関数」というものを習う。
さて、この高校数学としては初歩の二次関数、社会人になってから、必要に迫られて使ったことのある人は、どのくらいいるのだろうか。

理系の研究者か教員、あるいは一部のエンジニアくらいではないだろうか。
推測するに、たぶん千人に一人か二人、いるかいないかではないかと思う。

ということは、千人のうちたった一人か二人の、理系の研究者となる可能性のある生徒のために、全員があそこまで数学の教師にアホあつかいされなければならなかった、ということになるのである。
(「アホォ!!」という言葉を多発したのは、私が習った数学教師だけだったのかもしれないが……)
二次関数以降の高校数学に関しては、言わずもがなである。

問題例の年齢をもっと下げてみよう。

小学校の算数で筆算を習う時、多くの小学校で、定規を使って線を引くよう指導するようだ。
私は小学生の父親なので、宿題をやらされている娘を見ると、計算の合間合間で定規を使わなければならないために、労力が倍近くになってしまっているのが分かる。

筆算とは何なのか?
本来、桁数の多い計算をする時に、ノートやメモの端っこに、シャシャッと書くものである。
定規を使わせる意味が分からない。

私が教える立場なら、定規を使っている生徒を見つけたら、「これは筆算なんだから、なるべく定規なんか使わないようにしなさい」と言う。
定規など使っている暇があったら、早く筆算を覚えてもらいたいからだ。

生徒の労力をいたずらに増やして、いったい誰が得をするというのだろうか。

もちろん、これらは数え上げればきりがないほどの矛盾の、ほんの小さな一、二例だ。

子どもらは、こういった形で、随所で意味のない労力を搾られ、同時に、矛盾に対する反感をも呑み込まされ、ひいては感情と生きる意味を奪われているのである。

不登校になった子どもたちが、直接言葉にすることは少ないが、彼(彼女)らは「もう……無理です……」と消え入るような声でつぶやいている。
筋をねじ曲げてでも人を陥れることのできる者、すなわち誰かをいじめることで自分の苦痛を回避できる者にとっては、無縁なつぶやきである。

学校時代は、大人にとってはすでに通り過ごしてしまったものだ。
もう二度と、そこに戻らねばならない心配はない。
さらには、卒業時に達成感すら感じた人も多いと思う。
そのことが、子どもたちが置かれている現実から、いともあっさりと大人の目をそむけさせてしまっていると、私は思う。

加えて、私が高校を卒業した約30年前と今とでは、子どもたちがこうむっている心理的圧力の大きさが、まったく違う。

教師自体が、教育委員会主導の管理と、モンスターペアレンツの圧力によってがんじがらめにされ、生きた対応ができなくなっているのだ。
今であれば、私などはほぼ間違いなく不登校になっていたと思う。

矛盾をなかったことにして呑み込んでしまえる鈍感さが、「適応能力」という名で評価されるという論理は、そっくりそのまま企業論理へと持ち込まれていく。
つまり、子を持つ親のみならず、すべての大人にとっても、学校における矛盾は他人事ではないのである。





少しでも多くの方に読んでいただけたらと、ブログランキングに参加しています。
↓押していただけるとありがたいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

ぬかるみの歩行 - 2008.09.22 Mon

もう亡くなったが、以前、宜保愛子さんという霊能者がよくテレビに出ておられた。

あるとき彼女が、「地獄というと、みんな血の池だとか針の山だとかを想像するけど、本当の地獄って、ぬかるみの中を、なかなか前に進まないなあと思いながら、延々と重い足取りで歩いていくようなもの」という意味のことを話していた。

私には死後の世界のことは何も分からないが、聞いたとき「なるほどなあ」という気持ちになった。

まあ、地獄というほどではないが、学校批判を書くときの気持ちは、これに近いものがある。

一つの理由は、友人関係やある程度成績がよかったことから、私自身学校でいい目も見てきているからであり、同時に、前々回の記事で述べたように、一部では学校論理の共犯者だったからである。

つまり、学校に対して複雑な愛憎があるのだ。
共犯者という意味では、お代官様と越後屋の関係に、ちょっとだけ似ている。
まさにこれこそ、コンプレックス的な関係だ。

そしてもう一つの理由は、周囲の人々のコンプレックス反応も、また予測できるからである。
みんながそっとしておいて欲しがっているものに、触れているんだなあという実感がある。
自分が、嫌われ者のようにさえ感じられてくる。
これがもっとしんどい。



うつや不登校の人たちがよく見る、ひとつの夢のパターンというものがある。
宜保愛子さんのいう地獄とそっくりの夢だ。

あるところから出ようとするが、クモの巣や藁、瓦礫・ぬかるみ・洪水などに阻まれて、なかなか出られない。
ひどい場合には、その障害物が、自分の身体と一部同化してしまっている。
自分の身体を切り離すわけにいかないから、どうしても振り切ることができない。

また、やっと出られることもあるが、いつの間にか元の場所に戻っていたりもする。

もちろん、これらは家族病理、あるいは農村社会(特に稲作農村)の病理にまつわるものも多いのだが、当然ながら学校のことも大きい。
というよりも、家族・地域・学校のコンプレックスは、ほとんど別個に切り離せない。

これらの障害物を振り払うには、力ずくでは無理だ。
何がどう絡まっているのか、自己の感情と対話しながら、決してあきらめずに見極めていくしかない。

日本社会の学校コンプレックスを、どうしても見極めなければならないと思うのは、私がカウンセラーとして、日常的にうつや不登校の人たちと会っているから、というのが第一の理由ではある。
しかし、理由はそればかりではない。

私自身のためである。

私はうつの経験者である。
その経験を通じて、うつとは、本来自分にうそをつけない人たちが、半ばそれをやってしまったことによって陥った状態である、というひとつの結論を得た。

私はここで、自分に嘘をつくわけにはいかないのである。
この社会的なコンプレックスに目をつぶって、彼らと会うこと自体、嘘になるのである。
そんなことをすれば、自分がどうなってしまうのかを、私は嫌というほど知っているからなのだ。

一見、こんなしんどいことをするほうが、うつになりやすいのではないか、と人は思いがちだ。
まったく逆である。

私は、うつを乗り越えるには覚悟が必要だ、と言うことがあるが、それはこういった意味である。
こぶとり爺さんが、存在自体が非常識な化け物たちの輪の中に飛び出していった覚悟と、同じものである。





少しでも多くの方に読んでいただけたらと、ブログランキングに参加しています。
↓押していただけるとありがたいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

出席日数 - 2011.01.26 Wed

高校や大学の不登校の人とお会いする中では、出席日数というものが、いずれかの段階で必ず問題となる。

本人がいかに復帰したくとも、定められた年間出席日数に達しない場合は、自動的に留年となってしまう。
大まかに言うと、高校の場合、たいていは全授業日数の2/3がラインとなるようだ。

だが、ごくまれに、学校でほとんど授業を受けなくとも、テストでよい成績を取れる知能の高い生徒がいる。
もちろん、こういう生徒であっても、出席日数が足りなければ留年は免れない。
こういうケースに出会うと、カウンセラーとしても本当に悔しい思いをする。

そもそもテストとは、その時点時点で必要なだけの知識や論理を、生徒が身につけているかどうかを測るためのものである。
そのテストでよい成績が取れるということは、その生徒にとって授業を受けることは、もはや何の意味も持たないのである。
本来ならば、学年を繰り上げて飛び級するべき状況だ。
しかし現状としては、その意味のないもののために、留年を強いられることになる不条理がそこにある。

「教育改革」が謳われて久しいが、実際にそれが行なわれるのは、途方もないことのように思える。
それ以前に、現場レベルでの真の「改善」というものすら、ほとんど目にしたことがない。
「校則・学則の整備」という言葉をよく耳にするが、実際に行われることの大部分は、生徒・学生を締め上げるための規則の追加作業に過ぎない。
だが、それらの目的は、本来規則の合理化にこそあるはずなのではないか。

学校本来の意味よりも「みんなと一緒であること」が優先され、優れた者まで脱落者扱いされていることからすると、やはりここでも「日本的体質」が立ちはだかっていると考えるべきだろう。
もうここまでくれば、外国資本や外国人にたくさん入ってきてもらって、文化的土壌のレベルから合理化してもらうしかないんじゃないかと、真剣に考えたりする。


少しでも多くの方に読んでいただけたらと、ブログランキングに参加しています。
↓押していただけるとありがたいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

拙著

2015年2月28日発売
アマゾン限定商品

プロフィール

kohocounsel

Author:kohocounsel
大阪市西区にて、夫婦で幸朋カウンセリングルームを運営しております、松波幸雄と申します。

このブログでは、「うつ」と診断される方々の本質的な真っ直ぐさと、ではなぜ彼らが発症しなくてはならなかったかについて、おもに家族病理・社会病理の観点からお伝えしていきます。

なお、皆様のお考えにつきましては、できるだけ読者全員の方々とも分かち合いたいと思いますので、基本的に、コメントは公開設定にてよろしくお願いいたします。

ブログポリシー
当ブログの記事内容の著作権は、幸朋カウンセリングルーム代表松波にあります。
本サイトの内容を権利者に無断で複製・改変することは、固く禁止いたします。

関連ページ

最近のコメント

最近のトラックバック

最新記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSフィード