topimage

2010-02

朝青龍「暴行事件」のこと - 2010.02.05 Fri

朝青龍が引退した。

私としては、正直「残念」という気持ちを抱いている。
また、朝青龍の無念さを思うと、胸も痛む。
というのは、何よりもあれほど美しい動きを持った力士は、先代の貴ノ花(故 双子山親方)以来記憶にないからである。

そもそも、今回の暴行事件はともかくとしても、これまで取り沙汰された数々の事件のほとんどに対して、「そんなに悪いことなのかなあ」と考えさせられてばかりだった。
とくに、土俵上で荒々しい感情や喜びを表現したことなどについては、不真面目さからくるというよりも、朝青龍関のたぐい稀な闘争本能の現れ、あるいは裏返しであり、それは本来ならば、むしろ力士の資質と呼ぶべき性質であるはずだ。

朝青龍自身、昨日の引退会見において「品格、品格というが土俵に上がれば鬼にもなるし、やっぱり精一杯やらなきゃいけないという気持ちがあった。(自分が)今までにない人なので迷惑をかけた。」と言っている。
「最後まで、本当に正直な人だ」と思った。
同じ会見で、自らのことを「モンゴルの大草原から来た少年」と表現しているが、私の目から見ても、彼のことが純真で真面目な格闘家にしか見えないのである。

品格、品格と言うが、格闘家にとっての品格とは、実は突き詰めれば試合場で「鬼になる」ことなのではないかとも思う。
その意味では、容赦ない立会いによって他の多くの剣術家から疎まれた、宮本武蔵とも重なる部分がある。
武術家としての彼の人生は、まさに血塗られたものであるかのようにも見えるが、彼の核にある人間としての品格は、その書画・彫刻などにも現れている。

もちろん、横綱審議委員をはじめとする日本人たちの「力士は単なる格闘家ではない」という考えこそが、朝青龍を社会的に袋叩きにさせたものであることは承知しているのだが、そこで彼らに問いたいことは、「ならば、力士とは何なのか」ということである。
「横綱は、ただ勝てばいいというものではない」と彼らは言うが、いくら聞いてみても、「儀礼的行為やつつましさのアピールは、勝つことよりも大事だ」という風に聞こえてしまう。
だとすれば、それこそ本末転倒ということになりはしないのだろうか。

相撲が、本来神事であることは今さら言うまでもないが、古来より神に捧げられるものは、まずもって人の陶酔・恍惚である。
仏教的に言うならば、「三昧(さんまい)」の境地だ。
だから、踊りも音楽も酒も、おしなべて人を酔わせるものはたいてい、本来神事と深く関わっている。
品格、品格、伝統、伝統とお題目のように言う前に、まずその言葉の意味をとことん掘り下げ、さかのぼってはどうなのかと思う。

相撲の歴史的大一番、相撲の元祖として日本書紀に記されているのが、垂仁天皇に供せられた野見宿禰(のみのすくね)と当麻蹴速(たいまのけはや)の取り組みである。
この戦いでは、まず互いに蹴り技を繰り出し、最後は倒れた蹴速のあばらと腰を、宿禰が踏み砕いて殺すことで終結している。
今で言うところのバーリ・トゥード、しかしレフェリーストップがない分、それ以上に凄惨な戦いであったわけだ。
なぜ彼らがそこまで手を抜かずにやらなくてはならなかったのか、それは、ほかならぬ神前だったからではないだろうか。


話は変わるが、本当は会社を辞めたくて仕方ないが、事情があって辞めるに辞められない人が、半ば無意識に会社で多量服薬やリストカットをしてしまい、結果的に自ら辞めざるを得ない状況を作ってしまう、といったことが時おり起きる。
私は、今回の朝青龍の暴力事件には、それと同様の心理が関係していた可能性が高いと考える。
また、「頑張れ」という一般人の声に怒り出したのが事件のきっかけとのことだが、朝青龍なりに、すでに頑張りと我慢は限度を越えていたのだろう。


既得権益や社会的地位の上に胡坐をかく者は、純真な者を無意識に恐れ、踏み潰そうとする傾向がある。
なぜなら、純真な者は人々の心を動かし、世の中の価値観を塗り替えてしまう恐れがあるからだ。
例の脚本家や漫画家の、「朝青龍」という名を口にするだけで浮かべる苦々しい表情の背後に、その無意識の恐れが感じ取れる。
彼がまた外国人力士であることも、その恐れを助長していることは想像に難くない。
「よそ者に荒らされる」と感じているのではないだろうか。
旧態然とした価値観があってこその彼らの地位なのだから、まことにもってうなずけることではある。


ところで、同じ相撲界において、親子2代にわたる角界のプリンス、貴乃花親方がその旧態に一石を投じようとしている。
思わぬ理事選の当選は喜ばしくもあったが、本当に大変なのはこれからであることを考えると、自分のことのように緊張してしまう。
理事としても、現役時代のように「負けない相撲」を取ってくれることを、ただ祈るばかりである。


少しでも多くの方に読んでいただけたらと、ブログランキングに参加しています。
↓押していただけるとありがたいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

拙著

2015年2月28日発売
アマゾン限定商品

プロフィール

kohocounsel

Author:kohocounsel
大阪市西区にて、夫婦で幸朋カウンセリングルームを運営しております、松波幸雄と申します。

このブログでは、「うつ」と診断される方々の本質的な真っ直ぐさと、ではなぜ彼らが発症しなくてはならなかったかについて、おもに家族病理・社会病理の観点からお伝えしていきます。

なお、皆様のお考えにつきましては、できるだけ読者全員の方々とも分かち合いたいと思いますので、基本的に、コメントは公開設定にてよろしくお願いいたします。

ブログポリシー
当ブログの記事内容の著作権は、幸朋カウンセリングルーム代表松波にあります。
本サイトの内容を権利者に無断で複製・改変することは、固く禁止いたします。

関連ページ

最近のコメント

最近のトラックバック

最新記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSフィード