topimage

2017-03

コミュニケーション能力と社会性の違い - 2012.05.06 Sun

先月、うちのHPリニューアルの作業の合間に、昼間のカウンセリングで感じたことを急にツイートしたくなって書き込んだところ、30本ものRTをいただきました。
これまでになかった数なので、「そう思っている人は多いんだなあ」と思い、時間はたっているがこちらでもアップすることにしました。




それにしても、社会性とコミュニケーション能力とは本来別物だということが、ここのところ自分の中でどんどん明確になってきている。空気が読めなきゃ社会と関われないということ自体、社会そのものの社会性が低下している兆候と見るべきだ。

数年前に『電車男』が映画化され、コミュニケーション能力の高くない人たちが市民権を得てきたのかと思ったが、大きな間違いだった。それは、ますます強まる彼らへの蔑視の裏返しだったんだ。

社会は、「いろいろな人たち」がのびのびと住めなくなるほど、許容力が小さくなってしまったのだと思う。

いわゆるコミュニケーション能力が高いといわれる人たちは、基本的に、単に性格が外向的であるというに過ぎない。



少しでも多くの方に読んでいただけたらと、ブログランキングに参加しています。
↓押していただけるとありがたいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ 

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kohocounsel.blog95.fc2.com/tb.php/148-c5b6ff1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンセリングに対する私たちの考え方 «  | BLOG TOP |  » 安全策の危険性

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

拙著

2015年2月28日発売
アマゾン限定商品

プロフィール

Author:kohocounsel
大阪市西区にて、夫婦で幸朋カウンセリングルームを運営しております、松波幸雄と申します。

このブログでは、「うつ」と診断される方々の本質的な真っ直ぐさと、ではなぜ彼らが発症しなくてはならなかったかについて、おもに家族病理・社会病理の観点からお伝えしていきます。

なお、皆様のお考えにつきましては、できるだけ読者全員の方々とも分かち合いたいと思いますので、基本的に、コメントは公開設定にてよろしくお願いいたします。

ブログポリシー
当ブログの記事内容の著作権は、幸朋カウンセリングルーム代表松波にあります。
本サイトの内容を権利者に無断で複製・改変することは、固く禁止いたします。

関連ページ

最近のコメント

最近のトラックバック

最新記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSフィード