topimage

2017-04

出版決定! - 2014.06.11 Wed

前にブログの記事を更新したのが去年の12月。気がつけばもう半年もたってしまった。

「うつになりやすい性格」ということで、シリーズで記事をアップしていくつもりで、その第1回目を『自罰傾向と他罰傾向』と題して書いたのだったが、それをアップしてから少し状況に変化があった。
というのは、今年の2月、Amazon限定で書籍を販売しているGalaxy booksさんからこのブログを見て連絡をいただき、本を書かせていただくことになったのである。

タイトルはまだ決まっていないが、内容はもちろんうつに関するもので、当然ながらうつになりやすい性格についても、かなりの紙数を割いて書くつもりだ。
それで、まさにこのブログで書こうとしていたことと内容がモロに被ってしまい、新しい記事のアップを控えているというわけである。

もちろん、現在鋭意執筆中である。

クライアントさんからは、続きを楽しみにしているという声もいただいていたのだが、そういうわけで、中身のある記事のアップは当分できそうにない。
実際出版されるのは年内ぎりぎりか年明けころと思うが、私の書き上げの時期次第になる。

このことに今までまったく触れずにきたのは、ここ数年まとまった文章を全然書いておらず、またカウンセリングのほうがかなり忙しくなっていたので、われながら本当に書けるのだろうかという不安があったからである。

誠に勝手ながら、続きはそちらでお読みいただけたら幸いです。

● COMMENT ●

待ってましたっ!

すっごく楽しみにしています!先生がんばってください!

たなかはるこさんへ

ありがとうございます
うつ性格の人たちの人間的な素晴らしさが、ほんのちょっとでも皆さんに届くよう頑張ります!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kohocounsel.blog95.fc2.com/tb.php/161-0faceb37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うつの心理と性格 その深奥に眠る静かな力と日本文化 «  | BLOG TOP |  » 自罰傾向と他罰傾向 ~うつになりやすい性格①~

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

拙著

2015年2月28日発売
アマゾン限定商品

プロフィール

kohocounsel

Author:kohocounsel
大阪市西区にて、夫婦で幸朋カウンセリングルームを運営しております、松波幸雄と申します。

このブログでは、「うつ」と診断される方々の本質的な真っ直ぐさと、ではなぜ彼らが発症しなくてはならなかったかについて、おもに家族病理・社会病理の観点からお伝えしていきます。

なお、皆様のお考えにつきましては、できるだけ読者全員の方々とも分かち合いたいと思いますので、基本的に、コメントは公開設定にてよろしくお願いいたします。

ブログポリシー
当ブログの記事内容の著作権は、幸朋カウンセリングルーム代表松波にあります。
本サイトの内容を権利者に無断で複製・改変することは、固く禁止いたします。

関連ページ

最近のコメント

最近のトラックバック

最新記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

RSSフィード